So-net無料ブログ作成

ソフトバンクに対する幾つかの提案と文句と哀愁 [喜怒哀楽寂快]

まずこちらをご覧頂きたい。↓

ソフトバンクの春モデル、どれがほしい?(法人専用モデルを除く)
911T 61%
PANTONEケータイ 812SH 11%
813SH 2%
812T 1%
813T 2%
805SC 2%
708SC 3%
707SC II 1%
706P 5%
706N 2%
ホークスケータイ 4%
707SCスワロフスキー・クリスタル・バージョン 2%

(+D Mobile調べ)

私はつい最近ソフトバンクからドコモへ乗り換えた組なのだが、私にとってはこれはとても大きな決断であった。
私はJ-PHONE時代からこの会社を愛を持って使ってきた。周りに勧めてきたことも多々ある。写メールでヒットを飛ばし業界二位になったときにはともに喜んだ。私はこの会社とともに成長してきたといっても良い。
その私が別れを告げる主たる理由は何だったのか。
それは、商人なら心得ていて当然の実にシンプルな答だった。
「加入者の立場に立った経営をする」ということが著しく欠如してしまっていたからである。

はっきりと言おう、ボーダフォン時代は酷かった。酷すぎた。あの暗黒の時代に一気に加入者を失い、それでも信じて使い続けたユーザーには少なからず企業に対する愛があったのではないだろうか。
他会社のユーザーはあまり知らないかもしれないが、あの時期の機種はシャープ製にすこし東芝製、ごく稀にNEC製が出すのみであった。
ドコモであれば、NEC、松下、三菱、富士通、ソニエリ、シャープが偏り無く定期的に新商品を発表するのが当たり前なのだ。それと比べてもボーダフォン時代は酷すぎた。しかも、デザインも明らかに他社の劣化品のような(一般ウケはしないであろう)もので、デザインにも気を使う人なら(若者はほとんどだと思うが)常にそのようなものにお金を払わなければならなかったのだ。
「今回は好みの機種がないので見送って、次回に期待しよう」、、、、と思うこと数十ヶ月。結局デザインのいいヒット作はでず。
そして乗り換えを決定的にしたのが、ソフトバンク経営に変わってからの孫社長の方針。
「安ければユーザーは確保できる。」といわんばかりのやり方で、客側のことを無視しているとしか思えない行動に出続けた。
つい、先日もソフトバンクショップに行って聞いてきました。
まず、接客が気だるそうにやっているのにムカつきます。こちらは一時間近く待っているのです。もちろんそのショップ店員にもよりますが、ソフトバンクの名を掲げて商売をしていて態度が悪かったのは事実。
プランのことをいろいろ聞いたのだが、まず、ソフトバンクになってから同じプランでも名前が変わっていたり、ほとんどのボーダフォン時代のプランが無くなったり、簡単な契約名に勝手に分かりにくい横文字名をつけたりと、それはそれは「ぐっちゃぐちゃ」というのがぴったりな状態でございました。しかもそれを一遍に言われたって真剣に聞いてても混乱してきます。
「すいません。。ちょっとぉ、、分からないんですけどぉ」と申し訳なさそうに尋ねてるのに、何の返事もなく(溜め息でもせんばかりの)なんかペンと紙で図を描いて説明してくれました。
それともう一つ気が付いたのですが、機種に値札が全部0円って表示になっているので聞いたところ、頭金が0円なだけだそうです。
ですが、いきなり頭金といわれても。。。今まで機種変するのに頭金とか要ったっけぇ?って感じです。話によれば分割払いで機種を購入できるそうです。しかもスーパーボーナスというのに申し込むと毎月一定額をソフトバンク側が負担してくれるそうです。でもね、二年あったら機種変すると思うんですよ、新たに。そしたらどんどん借金が膨らんでいってしまう。でもこれ、結局ドコモとかでも二年以上機種変してなかったらそれなりに割引してくれますよね、だから同じっちゃぁ同じです。ドコモみたいに貯めてから機種変するときに割り引くか、SBみたいに最初に割り引いてもらって2年間縛られるか、同じかもしれませんが私は後者が精神的に気持ち悪いです。
あと気をつけなければいけないのが一部SBが負担といいましたが、分割での支払額から一部ではなく、基本使用料や通話料から引くので、例えば機種変して、毎月2200円の支払いでそのうち1400円をSB側が負担してくれると言っても980円のホワイトプランの人だと、そこから1400円を引くので結局2200円は丸々は払わなければならないのです。
そんで、それがパンフレットには載っていないのです。
別にお金の問題じゃないんです。企業が自社の利益を追求するのも当然で分かるんです。でもここまで露骨に利益重視を見せられてしまうと、社長のビジュアルと相まって嫌悪感におそわれるのです。何かにつけて「縛り」の決まりをつけてきます。

もう、、、ジェィフォンじゃぁ、ないんだな。。。。。。。

そんな切なさで胸がいっぱいになり、私はSBから足を洗いました。

さようなら藤原紀香

って、筆を置こうと思ったけど、冒頭に載せたデータの説明してなかったわ。
春のラインナップを見てみたのだが、今までと全く同じ気持ちになった
「なんでこんなに種類があるのに、たった一つでも好みの機種が無いのか?AUやドコモなら毎回2,3個欲しい奴がでるのに。」
んで、今回見て改めて思ったのだが、ソフトバンクの機種が何故ダサく見えるのか、それは、遊び心が無く、全部こじんまりしているくせに決して「シンプル」という褒め言葉が当てはまらない機種ばかりだからではないか。それはとても微妙な違いではあるが、もしそんな良い機種ができたらそりゃドコモに提供するわな。とも思った。
そんな中でも唯一、「マシ」だと思ったのが911Tである。
それで蓋を開けてみりゃ、あのデータですよ。そうするに皆ほとんどの人があれが一番良いと思ったのです。二位の機種って20色のラインナップがあって一割ですからね。逆にソフトバンクは、あれだけ機種があって、たった一つの機種に六割の人が集まるという事実からもうすこし頭を使ったほうが良いのではないか。その六割のうち、いったい何人の人が満足してあの機種を使うのだろうか。他に「マシ」とさえ思えない機種しかないからこんなことになるとしか思えない。

話が長くなりましたが、一番言いたいことは、「ツーカー」ってどうやっていまだに運営しているの?ってことね

SBHP→http://mb.softbank.jp/mb/special/07spring/


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 2

いちや

はじめまして。

ブロブ興味深く拝見させてもらいました。
自分もJ-Phone時代から愛用していますが、同じような感想ですね。
正直911Tに機種変更する予定なのですが、スーパーボーナスとかの制度的問題でかなり迷っています。
911Tを選ぶ理由は、東芝製の端末でデザインもそこそこ、オマケでワンゼグも見れる・・・といったところですが、確かにそれ以外の端末で選択肢に入るようなモノふがないというのも事実です。

・・・J-Phone時代は良かったですね。
今は無きマイナーメーカーの個性的な端末も多数ありましたし。
(自分はJ-PE02等を使っていました)

では。
突然のコメント申し訳ありませんでした・・・。
by いちや (2007-03-08 17:20) 

ずみっち

いちやさま>
J-PE02って!まさかあの伝説のパイオニア製のですか?
自分で書き込める奴?
すばらしいです。超懐かしいです、ちなみのその後のパイオニア製品も結構かっこよかったんですよね、画面でかくて。キレイな白色で。
あと、まめぞうね。
あの頃はNEC製も今ほどドコモと差がありませんでした。
うーん、話はつきませんね。

っていうか全然コメント突然じゃないですよ。
そうか、ここはどうもコメントしづらい空気が漂っているのかもしれません。
by ずみっち (2007-03-08 18:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。