So-net無料ブログ作成
喜怒哀楽寂快 ブログトップ
前の10件 | -

冷やし中華はじめました。場繋ぎブログはじめました。 [喜怒哀楽寂快]

皆さんどうもこんにちは。ずみっちです。
なんだか、こうして皆さんにごあいさつするのはとても久しぶりな気がします。

今このブログを読んでくれている人は、きっと偶然ここにたどり着いた人が多いんじゃないでしょうか。
私もここのブログは長いことほったらかしにしていて、もうこのままネットの海に葬り去られるのではないかと思っていたのですが、ひょんなことから久しぶりに見てみると、ほったらかしにしていた割には毎日100人くらいの人がのぞきに来てくれてるんです。
まぁ、記事なんて全然更新してないんで、ほとんどの人がたまたま迷い込んだだけだとは思うんですが。

でもね、もっと驚いたのは、こんだけほったらかしにしていたにも関わらず、久々に記事を投稿したらすぐさま読んでくれた方々がいたんですよ。
やはり、誰かに読んでもらえるというのは嬉しいもので、また時間見つけて細々と書こうかなと思った次第なんです。

ちなみにこのブログは管理者ページに行くと、最初からアクセス解析機能が搭載されていてトップページに閲覧者数とランキングが表示されているんです。
まぁ、長いこと更新していいなかったのでランキングもへったくれもいのですが、ひとつだけ言えることは
「一日でランクが1万位上がった」
なんということでしょう。
いままで閑散としていたさびしげなブログが1日にして、ドランクドラゴン鈴木君のブログ並みになったではありませんか。

そして管理者ページを良く見るとなにやらランキングに登録されている模様。

2i.jpg

確かに急上昇はしたね。


ま、だから何が言いたいというわけではないですが、せっかくランキングが挙がっても、また贅沢にほったらかしにしちゃうかもしれませんが、見に来て下さる方あってのことだなぁとつくづく感じたのでした。

謝謝



タガタメ [喜怒哀楽寂快]

歌の歌詞カードを見たとき、ふと思う。
歌を通じて何かを伝えたいと思ったとき、一曲の中に込められる文字数はあまりにも少ない。

なぜそんなことを考えたか?

良質の音楽は、人に〔シンプル〕という形でメッセージを伝える力がある。
「シフクノオト」を聞いてそう思ったからだ。

今年もまた名盤に出会いました。



シフクノオト


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

泣ける歌 [喜怒哀楽寂快]

ドクターマリオというゲームがある。
まだ、ファミコンが主流だった時代のソフトだ。

その曲を勝手にアレンジした人達がいる。
一人はヒャダインさん(素人)という人。
最近それがニコニコ動画(RC2)に投稿されていて、今さっきそれを見て来たのだが
思わず泣いてしまった。

歌を聞いて泣くのは久々である。

もう、なんつーか

マリオ全く関係ないじゃん、と。
コレは是非NHKの「みんなのうた」で感動を共有すべきである。

以下にURL貼っときます。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2405457

ちなみに、もう一組はオレンジレンジね。
意味が無いとは言わないが
同じ原曲のも関わらず、私にとっては意味の無い歌です。




追記
今、もう一回見てきたんですが、十分も経っていないにもかかわらず、また泣きました。
反則です。


読んでる人は読んでいる 読まない人は見向きもしない》ブログの代表格 [喜怒哀楽寂快]

皆様
明けましておめでとうございます。
昨年はこのブログも、《読んでる人は読んでいる 読まない人は見向きもしない》ブログの代表格として、細々とでは有りますが続けてくることができました。
今年も下手なこと書いて炎上しないことだけを目標に、保守的に、そして保守的に続けていこうと思いますので、ご贔屓のほど宜しくお願いします。(RSSに登録してくれる人が増えないと、更新頻度が上がらないわな)

と新年の挨拶をさせていただいたところで、本題に入りたいのですが。(ここから笑うところ無いので読まなくてもイイYO)
今年一発目の投稿で書きたいのは、クソ芋虫野郎(うじ虫野郎)=三回死んでもお釣りが来る男の話です。
さっき年賀状をセブンイレブンに買いに行ったらなかったので、しょうがなくファミ○に行ったら、そのクソ芋...(以下割愛 が居て、レジやってたんです。
最初レジで年賀状がまだ余ってるか聞こうと思って並んでたんですが、ヨコに目をやると、少し離れたところにイラスト付の年賀状がディスプレイされていたので、そこから選ぶことにしました。一応、その店員にまだあるかどうか尋ねたところ「とりあえず何番のハガキか言え」とのことだったので、一枚選んでレジに持っていったところ、三枚くださいと言うと在庫が二枚しかないというのです。
しょうがないので、もう一枚を選びなおして持っていったところ、それも無いと。
(その芋男も含め)めんどくさいんで「今どれが無いんですか?」と聞いたところ、その屑男は「とりあえずレジに持ってきてください」と、アホの子よりもアホ顔で言ってきたので、いちいち往復するのもアホらしいし、三枚選んで持っていき、「上から順に調べてください」と言って頼んだんです。
そしたら、私の頼んだのがあったのかどうか言うわけでもなく、思いっきり音を立ててハガキが閉まってあるとこの扉を閉めて、そのままディスプレイのところに私が持ってきたハガキを直しに行ったのです。

『コイツは頭がおかしいのか』と、それか『顔面コンプレックスのせいで、脳味噌が半分ウニになっちゃたのか』と。

するとそのガンコン男がレジに戻ってくるなり、ピ、ピ、ピ「1300円です」とな。
よく見てみると、ハガキ三枚がワンセットなっていて、わたしが最初に欲しかった奴は、それが2セットしかない(つまり六枚)ということだったらしく、そいつに確かめてみると「ええ、そうですよ(殺意を覚えるくらいのキョトン顔)」。

コイツ絶対「ありがとうございました」言わないだろうなと、予想していたんですが、案の定無言だったので、余計に腹が立って、こうして二ヶ月ぶりに重い筆を取ったというわけでございます。

今年も皆様にとって良い一年になりますよう、祈っております。
ファミ○は潰れればいいと思います。

では


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久々に笑った [喜怒哀楽寂快]

ミクシィの足あとに知らない人の名前があった。
まぁそれは日常茶飯事なのだが、ごく稀に(広島カープが完封勝ちする頻度で)その足あとを辿ってみる。
ミクシィの足あと画面に表示される人数が三十人、そのうちたまたま来た面識の無い人は三分の一、つまりおよそ十人。
そのうち足あとを辿るのは二人、多くて三人。
そしてその人が面白いかったり、変わった人だったり、趣味が共通していたり、何かしら目に止まる者がある確率は、ほんと二十人に一人くらい。

で、何が言いたいかというと、そんなミジンコのカウパー精液くらいの僅かな確率なのにもかかわらず、めっちゃおもしろいブログをやっている人を上記の方法で見つけたのだ。

最近漫才ですら笑うことが無かった私が、こんなにこみ上げてくる笑いを感じたのはそのブログを読むまで久しくなかった。

あー、なんでそんなに面白いことが書けるのだろうか?
爆笑(苦笑)オンエアーバトルの上位5組の合計点を足しても、そのブログの面白さの足元にも及ばないという事実。

神様ありがとう。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

真の敗者 [喜怒哀楽寂快]

もしもコンビニの焼肉弁当にキムチをトッピングで付け足したら、間違いなく50円以上(若しくは100円)の追加料金だと思うのだけれど、そこは製造者側も客がどの容量でどのくらいの値段なら買ってくれるか考えてるから、無駄なトッピングはしないと思う。

さっき豚味噌焼肉弁当という、ちょっと間違えたらグラクソ・スミス・クラインと言い間違えかねない弁当を買って来た。
そこに自分で勝手に冷蔵庫の中にあったキムチをのせて食べたら、これが実に美味だった。
一生懸命試行錯誤して完成した弁当にいきなりキムチをのせることでなんか勝った気分になっている真の敗者です。

あと、ラーメンに胡椒やラー油を沢山入れて自分好みにする場合も同様の感覚を味わえます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「カバーはご使用になりますか?」 [喜怒哀楽寂快]

「そんなペロンペロンのブックカバーなら付けてくれんでも結構!!(無料でも)」  ※注1

注1=そもそもほとんどの本にカバーが備え付けてある状態なのに、さらにブックカバーの重ね着を気取ってみたところで、動く書店の広告塔でしかなく、あんなペラペラの藁半紙もどきの紙の場合、本を開くとベロ~ンと分離するのがオチです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ソフトバンクに対する幾つかの提案と文句と哀愁 [喜怒哀楽寂快]

まずこちらをご覧頂きたい。↓

ソフトバンクの春モデル、どれがほしい?(法人専用モデルを除く)
911T 61%
PANTONEケータイ 812SH 11%
813SH 2%
812T 1%
813T 2%
805SC 2%
708SC 3%
707SC II 1%
706P 5%
706N 2%
ホークスケータイ 4%
707SCスワロフスキー・クリスタル・バージョン 2%

(+D Mobile調べ)

私はつい最近ソフトバンクからドコモへ乗り換えた組なのだが、私にとってはこれはとても大きな決断であった。
私はJ-PHONE時代からこの会社を愛を持って使ってきた。周りに勧めてきたことも多々ある。写メールでヒットを飛ばし業界二位になったときにはともに喜んだ。私はこの会社とともに成長してきたといっても良い。
その私が別れを告げる主たる理由は何だったのか。
それは、商人なら心得ていて当然の実にシンプルな答だった。
「加入者の立場に立った経営をする」ということが著しく欠如してしまっていたからである。

はっきりと言おう、ボーダフォン時代は酷かった。酷すぎた。あの暗黒の時代に一気に加入者を失い、それでも信じて使い続けたユーザーには少なからず企業に対する愛があったのではないだろうか。
他会社のユーザーはあまり知らないかもしれないが、あの時期の機種はシャープ製にすこし東芝製、ごく稀にNEC製が出すのみであった。
ドコモであれば、NEC、松下、三菱、富士通、ソニエリ、シャープが偏り無く定期的に新商品を発表するのが当たり前なのだ。それと比べてもボーダフォン時代は酷すぎた。しかも、デザインも明らかに他社の劣化品のような(一般ウケはしないであろう)もので、デザインにも気を使う人なら(若者はほとんどだと思うが)常にそのようなものにお金を払わなければならなかったのだ。
「今回は好みの機種がないので見送って、次回に期待しよう」、、、、と思うこと数十ヶ月。結局デザインのいいヒット作はでず。
そして乗り換えを決定的にしたのが、ソフトバンク経営に変わってからの孫社長の方針。
「安ければユーザーは確保できる。」といわんばかりのやり方で、客側のことを無視しているとしか思えない行動に出続けた。
つい、先日もソフトバンクショップに行って聞いてきました。
まず、接客が気だるそうにやっているのにムカつきます。こちらは一時間近く待っているのです。もちろんそのショップ店員にもよりますが、ソフトバンクの名を掲げて商売をしていて態度が悪かったのは事実。
プランのことをいろいろ聞いたのだが、まず、ソフトバンクになってから同じプランでも名前が変わっていたり、ほとんどのボーダフォン時代のプランが無くなったり、簡単な契約名に勝手に分かりにくい横文字名をつけたりと、それはそれは「ぐっちゃぐちゃ」というのがぴったりな状態でございました。しかもそれを一遍に言われたって真剣に聞いてても混乱してきます。
「すいません。。ちょっとぉ、、分からないんですけどぉ」と申し訳なさそうに尋ねてるのに、何の返事もなく(溜め息でもせんばかりの)なんかペンと紙で図を描いて説明してくれました。
それともう一つ気が付いたのですが、機種に値札が全部0円って表示になっているので聞いたところ、頭金が0円なだけだそうです。
ですが、いきなり頭金といわれても。。。今まで機種変するのに頭金とか要ったっけぇ?って感じです。話によれば分割払いで機種を購入できるそうです。しかもスーパーボーナスというのに申し込むと毎月一定額をソフトバンク側が負担してくれるそうです。でもね、二年あったら機種変すると思うんですよ、新たに。そしたらどんどん借金が膨らんでいってしまう。でもこれ、結局ドコモとかでも二年以上機種変してなかったらそれなりに割引してくれますよね、だから同じっちゃぁ同じです。ドコモみたいに貯めてから機種変するときに割り引くか、SBみたいに最初に割り引いてもらって2年間縛られるか、同じかもしれませんが私は後者が精神的に気持ち悪いです。
あと気をつけなければいけないのが一部SBが負担といいましたが、分割での支払額から一部ではなく、基本使用料や通話料から引くので、例えば機種変して、毎月2200円の支払いでそのうち1400円をSB側が負担してくれると言っても980円のホワイトプランの人だと、そこから1400円を引くので結局2200円は丸々は払わなければならないのです。
そんで、それがパンフレットには載っていないのです。
別にお金の問題じゃないんです。企業が自社の利益を追求するのも当然で分かるんです。でもここまで露骨に利益重視を見せられてしまうと、社長のビジュアルと相まって嫌悪感におそわれるのです。何かにつけて「縛り」の決まりをつけてきます。

もう、、、ジェィフォンじゃぁ、ないんだな。。。。。。。

そんな切なさで胸がいっぱいになり、私はSBから足を洗いました。

さようなら藤原紀香

って、筆を置こうと思ったけど、冒頭に載せたデータの説明してなかったわ。
春のラインナップを見てみたのだが、今までと全く同じ気持ちになった
「なんでこんなに種類があるのに、たった一つでも好みの機種が無いのか?AUやドコモなら毎回2,3個欲しい奴がでるのに。」
んで、今回見て改めて思ったのだが、ソフトバンクの機種が何故ダサく見えるのか、それは、遊び心が無く、全部こじんまりしているくせに決して「シンプル」という褒め言葉が当てはまらない機種ばかりだからではないか。それはとても微妙な違いではあるが、もしそんな良い機種ができたらそりゃドコモに提供するわな。とも思った。
そんな中でも唯一、「マシ」だと思ったのが911Tである。
それで蓋を開けてみりゃ、あのデータですよ。そうするに皆ほとんどの人があれが一番良いと思ったのです。二位の機種って20色のラインナップがあって一割ですからね。逆にソフトバンクは、あれだけ機種があって、たった一つの機種に六割の人が集まるという事実からもうすこし頭を使ったほうが良いのではないか。その六割のうち、いったい何人の人が満足してあの機種を使うのだろうか。他に「マシ」とさえ思えない機種しかないからこんなことになるとしか思えない。

話が長くなりましたが、一番言いたいことは、「ツーカー」ってどうやっていまだに運営しているの?ってことね

SBHP→http://mb.softbank.jp/mb/special/07spring/


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

DSライトにまつわるお話 [喜怒哀楽寂快]

今回は怒っているので一部不適切な発言が飛び出る可能性があることをご了承ください。
「広島人うざい」「関西人を差別している」「バロスwww」等のコメントは結構です。

で、なぜ怒っているかというと、まぁ早い話が八つ当たりです。
最近私が欲しくて欲しくしょうがないもの、それは「DSライト」でございます。
もともとそういった携帯型ゲームには興味が無かったので情報も何もなかったのですが、この今話題の「DSライト」は脳トレや漢検などこのハードでないと遊べないジャンルが目白押し、そこでどうしても買いたくなってしまったのです。
今日銀行へ用事があったのでちょっと遠かったけれど、自転車こいでいったんです。そしたら着いた瞬間に気付いたんです、「カード持ってくるの忘れた」。これはかなりムカつきました。どこにこの怒りをぶつけていいのやら。
しょうがないんで家にまた帰って、また戻ってきました、自転車で。
まぁ家を出るとき危うくまたカード持たずに出そうになりましたが、なんとか事は済ませました。
そしてその帰りに寂れたゲームショップをたまたま見つけて、普段なら絶対素通りなんですけど、もぉ~~~しかしたら「DSライト」が置いてあるんじゃないかと1%の希望にかけて入ってみたんです。
そしたら案の定無かったんですけど、中古があったんですよ、しかも白。
普段から私は中古買わない人なんで悩んだけれどやっぱりやめたんです。ブームが去れば普通に手に入るわけですし。

で、も、ね、やぁ~~~~っぱり今すぐ欲しかったんで、夕方もう一度行ってみたんです。
中古って分かってるんですけど、やっぱりその足取りは軽やかでしたね。
KLEVAとか歌っちゃってね。MP3だよ
でも、意外とその店遠くて、気付けば今日行った銀行の近くまで戻ってました。
「これで売り切れとかだったら一日三回同じ道往復したことになるから痛いなぁ。もしそうなったらブログにでも書こう」と思いました。クレバを口ずさみながら。
そしていよいよ店に着いて、レジのお兄さんに聞いてみました。
「ありますかぁ~」って。
ってかねぇレジで並んでる時に薄々感じてたんですけど、さっき来た時はレジのショーケースに置いてあった中古のホワイトが無いんです。
「まぁ奥に置いてあるんだろう」と思ったんですけど、
お兄さん曰く「今はこのピンクだけなんですよー」とのこと。

わかりますか?この気持ち?
私の中では中古にするだけでもかなり妥協しているんです。そこをさらに色まで妥協はできません。
もう、こうなると任天堂にムカついてきます。壊せるものは全部壊したい気分です。
第一、この忙しいときにDSライトのピンクを製造させていることに怒りを感じます。
どう考えてもピンクの需要は高くないはず。ピンク作ってる暇があったら白作れーー!全力でぇー!ピンク欲しい人が白でも使えなくはないですけど、ピンクはかなり妥協しないと買えません。
この書き入れ時に最も需要の高いであろう白を大量に生産してですなぁ、そんでほとぼりが冷めたら改めてピンクでもスカイブルーでも作ればいいんです。
どれだけの人が妥協してピンクを手にしたと思っているんだ。白がもっと出回っていれば、ピンクが欲しい人のところにピンクが届いていたかもしれないじゃないか。知らんが。
ってかさぁー、DSライト見れば見るほど安っぽいよなー。特に開いた状態のやつ。その安っぽさが「手に入らない」ということへの苛立ちに拍車をかけます。
私はただ「タイ語会話」のソフトがしたいだけなんです。もちろんそれでガッツリ勉強できるなんて思っていないんですけど、自分がどういう勉強方法が一番適しているかって一番知ってるんですよ。
私はあーゆー遊び半分勉強半分みたいなので、ある程度形を理解するのが一番いいって分かってるんで、どうしても欲しいんです。
でも、もうええわ!!
意地でも参考書で勉強してやる!!
あんなクソみたいモンが手にはいらんっておかしい!!
あ、あと今私が使っている携帯電話(ソフトバンク)が恐ろしくウンコに酷似しているので、いいけげん機種変仕様と思っています。が、それはまた別のお話。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

例えば仮に酔った勢いで異性に手をだしたとする [喜怒哀楽寂快]

例えば仮に酔った勢いで異性に手をだしたとする。
はっきり言って見た目もそんなにタイプじゃないし、本気で好きなわけでもない、ただなんかなんとなく。
それから数日後、実はその人には恋人がいたことが発覚。
まぁ別に付き合いたいわけでもないので、どーでも良いことなのだが、問題はその恋人が私とその人の恋人の間で起こったことを知ってしまって激怒しまくっているということなのだ。
しかもその人は、もし猫だったら200%「クレイジーキャッツ」って呼ばれているであろうほどのイカレタお方でして、私の家まで乗り込んできて、私を殺すというのです。

ここで考えていただきたい

なぜ今私(あなた)が殺されそうになっているのか。
それは、大切な恋人のためでもなければ、人助けのためでもない、ましてや顔もタイプじゃないのにちょっとつまみ食いしただけに過ぎないのだ。
言うなれば、チーズケーキ派の私が好きでもない苺のショートケーキに手を出したら国の定める規準の10倍の細菌が出てきたようなものである。
これはどう考えても割に合わない。死んでも死に切れない。

ふと思った。
では、どんな状況なら死んでも良い、割りに合うとかんじるだろうか?
答えはNOだ。
だれもYES・NOで聞いてないにもかかわらず答がNOである。
どんな状況であっても死んだらそれで終わりなんだよ。残された人の悲しみを考えると、「死ぬ」ってことよりいい選択肢は絶対に残されているんだ。
だからターミネータ2のごとく最後の予備電力でも何でも使って死ぬ気で考えるんだ。死んじゃ駄目だ。

以下の理由で「自殺ヨクナイ」と思い当たった、土曜日。今日も晴れ


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 喜怒哀楽寂快 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。